「環境対応」・「施工性の向上」 CK むえん溶接サドル継手

CK むえん溶接サドル継手は、パイプの枝管取り出し時に、ねじ接続箇所の削減による施工品質の向上と、施工時間の削減、またトータルコストの減少を目的に開発されました。枝管の形状としては、YS-1(枝部ねじ込み形)とYS-2(枝部溶接形)の2種類、表面処理では溶融亜鉛めっきを施した白品と、表面処理を行っていない黒品の2種類があります。

溶接部端面の亜鉛メッキを除去

溶接部端面の亜鉛メッキを切削除去しているので、溶接品質が向上します。また溶接時に、有害な亜鉛ガス発生の危険性がありません。

RoHS対応 カドミ無&鉛無 溶融亜鉛めっき『CK eめっき』を採用

継手表面のめっき(白品)は、カドミウム0.001%(10ppm)未満、鉛0.005%(50ppm)未満の「CK eめっき」を採用しています。RoHS指令も完全にクリアしています。

継手本体に“芯出しマーク”を表示

継手本体に位置決めの為の“芯出しマーク”を表示しました。施工における品質、作業能率の向上に効果があります。

CKむえん溶接サドル継手のご紹介

DOWNLOAD
各種ダウンロード
  • PDF
  • 定価表
  • 梱包表
  • マニュアル
  • CADデータ
  • 製品図面