スプリンクラー配管におけるフレキ管の分岐に使用

CK 多口継手は、ラインナップを分岐4~6口まで揃えているため、配管状況に応じた使い分けが可能です。また、日本消防安全センター認定品です。

配管コストの削減

1個の継手から複数のスプリンクラーヘッドの取り出しが可能であるため、枝管の本数を減らす(配管長を短くする)ことが可能です。

工期の短縮

配管の接合箇所が減少し作業効率がアップするため、工期を短縮できます。

漏水の危険性が減少

配管の接合箇所が減少するため、接合による漏水の危険性が減少します。

DOWNLOAD
各種ダウンロード
  • PDF
  • 定価表
  • 梱包表
  • マニュアル
  • CADデータ
  • 製品図面