めっき南工場M炉係 係長 桃井 皓大

学生のみなさんへメッセージ

社員の平均年齢が34歳と若く、活気のある会社だと思います。
新しいことにチャレンジできるパワーのある会社です。

社員同士は上司と部下という関係性ではなくパートナーに近い関係であるため本音で話し合いができます。

自分で考え行動できる人にとって最適の職場だと思います。

めっき南工場M炉係 係長 桃井 皓大

いまどんな仕事をしていますか?

私が所属しているM炉係では、主に継手をめっきしています。
めっき加工することで継手の耐食性を向上させることができます。
シーケー金属のめっきはカドミウムと鉛を使用しない環境にやさしいめっきです。これは世界で初めての技術です。

現場ではこの素晴らしい技術を最高の品質でお客様に届けられるよう、常にプロであるという自覚を持って作業にあたっています。

また、係長として操業が円滑に進むよう、前後工程の状況確認や係員の健康状態の確認も欠かさず行うようにしています。

入社したいと思った きっかけは?

就職活動を始めるまで当社のことは知りませんでした。何気なく参加した会社説明会の際にめっき工場を見学したとき、大きな部材が次々にめっき槽に入っていくのを見て衝撃を受けたのを覚えています。

北陸地区で最大のめっき釜は圧倒的で、一気に興味が湧きました。

また、本社工場は自宅から通勤が可能で、転勤がないというのも、高岡で生まれ育った私にとって大きな決め手となりました。

シーケー金属で働く 魅力はなんですか?

とにかくやりがいのある職場だと感じています。
この会社では「とにかくやってみよう」という言葉をよく聞きます。
年齢や立場に関わらず機会を与えてもらえます。
失敗することもありますが失敗から学べることは非常に大きいです。

同世代の人達には経験できないような仕事も行うことができる点は大きな魅力です。
 
また、自分たちが作った製品を日常生活の中で見ることができるのも魅力のひとつだと思います。自分の仕事が社会に貢献しているという実感を得られ、働く活力に繋がります。

休日はどう過ごしていますか?

休日は趣味の野球と家族サービスに専念します。
シーケー金属野球部に所属しており他の部署の方とも交流できるいい機会となっています。

プライベートでもよくご飯に行く仲のいい先輩や後輩がいて、よく相談に乗ってもらっています。
 
また、月に一度は家族旅行へ行くことにしています。旅行のときはとことん楽しみます。全力で遊んで次の旅行を楽しみに仕事を頑張ります。メリハリを大事にしています。

めっき南工場M炉係 係長 桃井 皓大

6:00

起床

朝ご飯はしっかり食べます。

6:50

出発

7:10

出社

1日のめっき予定の確認。
予定に無理や不足があれば修正します。
予定が狂うと後工程にも迷惑を掛けてしまうので重要です。
操業準備。

8:00

始業

朝礼。
係員の健康状態を確認します。
表情や動きの変化に注意してチェックします。
報告事項、連絡事項の確認を行います。

8:20

生産

安全第一で作業に取り組みます。
プロであるという自覚を持って作業しています。
“現状に満足しない”ことを常に心掛けています。

10:00

不具合対応

めっき後の不具合品を品質管理課に報告します。
原因の調査にも協力します。
問題の対処を係員に指示します。

12:00

昼食

食堂で、みんなで楽しく食事をします。
先輩や後輩と仕事以外のことも話します。

12:40

生産

休憩時と気持ちを切り替えて作業に取り掛かります。
係員の動きも注意深く観察します。

13:00

メンテナンス

不具合のある装置のメンテナンスもします。
自分で修理できるものは自分で直します。

14:00

めっき試験

生産性の向上や品質の向上を目指しいろんな試験をします。
最近は新しい治具の製作に取り組んでいます。

15:00

運搬

めっき完了品を下工程に運搬します。
他部署の生産状況の確認や情報交換もします。
改善のネタなどを見つけてくることも。

16:30

生産終了

片付け。
めっき完了品の確認。
翌日の段取り。

17:10

係ミーティング

安全、生産、品質等について係で話し合います。
新人からベテランの人まで全員が発言できるよう心掛けています。

18:00

日報作成

一日の生産量やその日の出来事を報告します。

18:30

退社

会社で風呂に入ってから帰宅します。

19:00

帰宅

その日の出来事を妻に話しながら一杯。

23:00

就寝

明日の仕事の為、睡眠時間はしっかりと確保しています。