ステンレスねじ込み継手のイライラをCKが解決「CK プレシールSUS継手」

優れた耐食性を有するステンレス製ねじ込み継手は、衛生的な環境を求める配管に幅広く使用されています。しかしながら、ステンレス製ねじ込み継手は鉄管継手(マリアブル)と比べて”かじり付き”などによる漏水事故も多く、確実な施工が行える継手製品が強く求められてきました。
当社では、従来のステンレスねじ込み配管で発生していた問題を解決すべく、シール付ステンレス製ねじ込み継手「CK プレシールSUS継手」を業界で初めて開発・発売し、多くのお客様に好評を博しております。

ねじ込み時の”かじり”現象が激減

継手のねじ部に均一に塗布したシール材により、ねじ込み作業時に発生する摩擦抵抗が低減し、”かじり”による漏水が激減します。

シール材の混入を防止

継手のシール材は、ねじ部の奥側2~3山には塗布しないように範囲をコントロールしており、ねじ込み完了後にシール材が流体に混入する事を防止しています。

蒸気配管にも対応

CK プレシールSUS継手は、150℃以下の蒸気配管に対応しており、配管の膨張収縮にも耐えられます。

食品衛生法にも適応

継手のシール材は、幅広い流体に使用可能な材質を採用しており、かつ食品衛生法の規格基準にも適合しております。臭いも無いため、食品工場の配管に適しております。

ねじ込み完了後の角度調整が可能

継手のシール材は硬化しない材質を採用している為、45°のねじ戻しを行っても漏水しない実績があります。

CKプレシールSUS継手のご紹介

CKプレシールSUS継手 施工上の注意

DOWNLOAD
各種ダウンロード
  • PDF
  • 定価表
  • 梱包表
  • マニュアル
  • CADデータ
  • 製品図面