これからはシール材の塗布が不要になる

従来、水密性、気密性が求められる配管の施工において、ねじにシール材を塗布する作業は、配管の品質を長期にわたって保つための重要かつ面倒な作業でした。
「プレシールコア」は、フッ素系のシール材を水道用管端防食継手全品種に塗布済みで、面倒な作業は一切不要です。
これまで作業者の経験に依存していた面倒な塗布作業をすべて省き、スピーディかつ確実な接続をもたらします。

シール材を塗る手間が省ける

均一で最適な厚さに塗られたシール材により、作業効率が格段に向上、しかも接合品質のムラがなくなることで、施工後も高い品質を維持します。

シール材の流出がない

シール材を過剰塗布した場合に生じる水道水へのシール材流出を防止できます。

外面被覆樹脂が透明

外面被覆樹脂が透明なので、埋設配管での余ねじ管理が可能になります。
また、ゴムリングの装着状況を目視確認しながら施工できますので、ねじれず安心です。
なお、プレシール透明PCコアには、専用ゴムリングが無償で同梱されております。

ネジがサビない

シール材がねじ部をすでに覆っていますから、長期保管しても腐食の心配がありません。

65Aまでの転造ねじに対応しています

転造ねじ加工機の上限サイズである65A までご使用頂けます。切削ねじの場合は、150A まで対応しています。

ねじ込み完了後の角度調整が可能

継手のシール材は硬化しない材質を採用している為、45°のねじ戻しを行っても漏水しない実績があります。

DOWNLOAD
各種ダウンロード
  • PDF
  • 定価表
  • 梱包表
  • マニュアル
  • CADデータ
  • 製品図面