これからはシール材の塗布が不要になる

従来、水密性、気密性が求められる配管の施工において、ねじのシール材を塗布する作業は、配管の品質を長期にわたって保つための重要かつ面倒な作業でした。
「プレシール20K」は、フッ素系のシール材を消火配管用継手20K タイプ全品種に塗布済みで、面倒な作業は一切不要です。
これまで作業者の経験に依存していた面倒な塗布作業をすべて省き、スピーディかつ確実な接続をもたらします。

シール材を塗る手間が省ける

あらかじめ継手ねじ部にシール材が塗布されており、施工時の面倒なシール材塗布作業が不要です。従来100A の配管の場合、シール材塗布の手間賃と材料費が一口当たり40 円(手間賃25 円・シール材15 円)程度発生していました。

ねじ込みトルクが軽い

シール材の潤滑効果により締め付けトルクを軽減しました。大口径の配管でも、ねじかじりが発生し難い優れた継手です。

外面被覆樹脂が透明

外面被覆樹脂が透明なので、埋設配管での余ねじ管理が可能です。また、ゴムリングの装着状況を目視確認しながら施工できますので、ねじれず安心です。
なお、プレシールHBゴールドには、専用ゴムリングが無償で同梱されております。

ネジがサビない

シール材がねじ部をすでに覆っていますから、長期保管しても腐食の心配がありません。

ねじ込み完了後の角度調整が可能

継手のシール材は硬化しない材質を採用している為、45°のねじ戻しを行っても漏水しない実績があります。

DOWNLOAD
各種ダウンロード
  • PDF
  • 定価表
  • 梱包表
  • マニュアル
  • CADデータ
  • 製品図面