これからはシール材の塗布が不要になる

従来、水密性、気密性が求められる配管の施工において、ねじのシール材を塗布する作業は、
配管の品質を長期にわたって保つための重要かつ面倒な作業でした。
「CK プレシールe白継手」は、フッ素系のシール材をe白継手のねじ部に予め塗布してあるので、面倒な作業は一切不要です。
これまで作業者の経験に依存していた面倒な塗布作業をすべて省き、スピーディかつ確実な接続をもたらします。

シール材を塗る手間が省ける

均一で最適な厚さに塗られたシール材により、作業効率が格段に向上、しかも接合品質のムラがなくなることで、施工後も高い品質を維持します。

ねじ込みトルクが軽くなりました

シール材の潤滑効果により締め付けトルクを軽減しました。大口径の配管でも、ねじかじりが発生し難い優れた継手です。

業界トップレベルの品揃えです

三方径違いチー、四方径違いクロスなどの消火配管必須のアイテムも充実しており、多様なニーズに対応できます。

転造ねじに最適です

転造ねじは、従来の切削ねじと比べ締め込みトルクが大きいため、潤滑性の良いプレシールe白継手との相性が抜群です。

ネジがサビない

シール材がねじ部をすでに覆っていますから、長期保管しても腐食の心配がありません。

ねじ込み完了後の角度調整が可能

継手のシール材は硬化しない材質を採用している為、45°のねじ戻しを行っても漏水しない実績があります。

DOWNLOAD
各種ダウンロード
  • PDF
  • 定価表
  • 梱包表
  • マニュアル
  • CADデータ
  • 製品図面