世界初! パイプ・継手の亜鉛除去・開先加工を完全自動化

パイプシェーバーとは溶接前作業である内外面の亜鉛・黒皮除去、開先加工を完全自動化した世界初のマシンです。パイプは、SGP、STPG Sch40に対応。継手は、シュートエルボ、ロングエルボ、チーズなど全48品種に対応。

パイプシェーバーの特徴

手作業と比較し、施工スピードが大幅にアップします。パイプと継手の同時加工も可能で生産性が2倍に向上します。亜鉛除去を行うことでブローホールなどの溶接欠陥を防ぎます。
亜鉛除去により、溶接時のヒュームのい発生を抑制します。
内外面の亜鉛除去によりTIG溶接も可能です。

パイプの亜鉛除去

定尺から最短200mmまでのパイプが加工できます。亜鉛の除去幅を5mm~40mmまで自由に変更することができます。

パイプの開先加工

30°の開先加工を全自動で行います。ルート面の幅を自由に変更することができ、作業者の好みに合わせることが可能です。

継手の亜鉛除去

継手を回転させ、内外面の亜鉛除去を行います。エルボ類の亜鉛除去は、カメラ式センサが位置を認識し天板を傾動させて亜鉛除去を行います。

※ パイプシェーバーのカタログをご希望の方は、下のボタンをクリックしてください。

DOWNLOAD
各種ダウンロード
  • PDF
  • 定価表
  • 梱包表
  • マニュアル
  • CADデータ
  • 製品図面